フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

さあ、ダービー!

毎年特別な思いを持って迎えるのが日本ダービー。

僕と競馬との最初の出会いは1996年の日本ダービーですから、明日で競馬歴満14年です。

これまで日本ダービーの馬券は7勝4敗ですが、勝っても負けても記憶に残るのがこのレースのすごいところです。

一番思い出に残っているのは2003年のネオユニヴァース。

雨の重馬場で他馬がインコースを嫌って外を通るところ、ぽっかり空いたインを一気に突き抜け見事2冠を達成しました。

表彰式になると雨も上がり、曇り空の隙間から射しこんだ陽の光が一筋の線となりターフを照らし出した光景は今でも目に焼き付いています。

今年は直前にダノンシャンティが骨折で出走を取り消してしまいましたが、好メンバーが揃って楽しみなレースになりました。

遠くカリフォルニアの地から、文明の利器「インターネット投票」を駆使して夢を買いたいと思います。

本命はペルーサ。

青葉賞の余裕を持っての楽勝を評価しました。

その前の若葉Sでは皐月賞2着のヒルノダムールに勝っていますから皐月賞の時点で能力的にはトップレベルでした。

そこから負担のかかる皐月賞を飛ばしたことでさらなる成長を遂げ、皐月賞馬ヴィクトワールピサを超えたとみます。

対抗は皐月賞馬ヴィクトワールピサ。

この馬の強みは、難しい中山2000mの弥生賞、皐月賞をともに内から抜けて快勝しているように競馬上手なところで、たとえ負けても大負けはしないタイプだと思います。

ただ、競馬上手な反面、広い東京でガチンコ勝負して勝てるほどの圧倒的な能力差を感じません。

もちろん能力は世代トップクラスですが、ダービーという夢を託すにはちょっと物足りなく、相手筆頭評価にしました。

他の馬はドングリの背比べで、展開次第で結果は変わると思います。

ただ、レースのレベルだけをとってみれば、皐月賞敗退組が上位を占めた京都新聞杯はイマイチで、一番評価できるのはやはり皐月賞だと思います。

よほど馬場が悪くなりでもしない限り、上位2頭+皐月賞組で決まるのではないかとみています。

僕の買い目はノリの2連覇と藤沢先生の悲願成就に期待して◎ペルーサの単勝で行きたいと思います。

馬場の真ん中を突き抜けろ!

日本ダービーの予想

◎ペルーサ

○ヴィクトワールピサ

△ヒルノダムール

△エイシンフラッシュ

△ルーラーシップ

TOP 10

前回の葉加瀬太郎の記事掲載後、おすすめの曲を教えてくださいとリクエストを多数いただいたので、今日は私の選ぶBest of Hakase TOP 10をご紹介します。

これから紹介する10曲は全て大好きな曲なので、特に順位はありません。

簡単なコメントを添えてありますので、興味のある曲を聴いてみてください。

①情熱大陸 (THE Best Trackなどに収録)

言わずと知れた葉加瀬の代名詞。サンバのリズムで、LIVEでの盛り上がりが最高です。

②Born To Smile (SONGSに収録)

明るいメロディが気持ちを元気にしてくれます。朝イチはこれ!

③陽のあたる家 (Traveling Notesに収録)

タイトルズバリ。日の光が降り注ぐ幸せな家が目に浮かびます。

④Loving Life (Traveling Notesに収録)

大阪のなんばパークスのイメージソングとして作られた曲。バイオリンが“歌う”という表現がピッタリな名曲です。

⑤Another Sky (Traveling Notesに収録)

ANA派のあなたのお耳にはお馴染みの曲でしょう。聴けば旅に出たくなります。

⑥Sally Garden Set (VIOLINISM IIに収録)

アイリッシュムード満点の一曲。後半部の盛り上がりに胸躍ります。

⑦Wild Stallions (VIOLINISM IIに収録)

アメリカの荒野を駆ける馬のイメージ。力強い音色がとてもかっこいいです。

⑧大地のうた (Traveling Notesに収録)

広い草原で手を広げて伸びをしたくなる爽やかな一曲。

⑨Etupirka (VIOLINISM~ACOUSTIC BEST~などに収録)

これも解説不要の名曲中の名曲。大空を舞うエトピリカの優雅さが伝わってきます。

⑩Beyond the Sunset (Beyond the Sunsetに収録)

今回の10曲の中で唯一葉加瀬の演奏ではありません。フィドル奏者の功刀丈弘のために書き下ろされた、壮大なスケールの名曲。ニュースアンカーのテーマソングとして関西の方にはお馴染みかもしれません。

HAKASE

HAKASEと言ったらもちろん葉加瀬太郎です!

Music_hakase

Respectです。

アメリカに来てからというもの毎日聴いています。

葉加瀬太郎のRespect pointはその素晴らしい音楽性と見た目のギャップです。

彼の創る音色は多くの人の耳に心地よく、TV番組やCMにも数え切れないほど使用されています。

代表的なものは情熱大陸の「情熱大陸」&「Etupirka」やANAの「Another Sky」(ANA派の方は毎度お耳にするアノ曲です)などなど。

一方で、あの一目でわかる風貌と関西人ならではの喋りの面白さも注目ポイントでしょう。

今日はお休みだったので、一日かけてじっくりと昨年のコンサートツアー「My Favorite Songs」でのMCムービーを見ておりました。→ココ

コンサート会場の都市をコンサート当日の昼間にお散歩してご当地料理をいただく(これメイン)様子を、葉加瀬自らスライドショーで紹介するというコンサートの人気企画です。

私の地元長野も登場しますが、全て知っているところだけにテンションあがります。

皆さんもゆかりの地で、“食って、食って、食いまくって”いる葉加瀬の姿をご覧ください。

さて、そんな尊敬する葉加瀬太郎も今年はデビュー20周年ということで、何としてもコンサートに行かねば!

アメリカから一時帰国してでも行きます!

すでにスケジュールも発表されました♪

おそらく年末に東京と大阪に追加公演があるはずだが、さてどうするか…

驚くほど安い“アレ”を使った野菜炒め

入社以来寮暮らしだったためこの4年間ほとんど料理をしてきませんでしたが、元々は“Iron chef”と噂めいたことを言われたこともあるワタシ。

久しぶりに手に入れたキッチンはコンロ4つ付のオープンキッチンだったので、テンションが上がって毎日朝晩は自炊をしています。

これからたまに、アメリカの食事情も交えつつ、自信の一品やら新開発料理を紹介したいと思います。

今日は健康に気を使って野菜炒めを作りました。

でも、野菜だけだと物足りないので、豚肉も少し入れました。

食材はいつも大体近くの韓国系スーパーに買いに行くのですが、ここも含めてアメリカは全体的に肉が安い!

今日の豚肉(たぶんバラ)もUSD1.99/lbでした。

1ポンドは453.6グラムなので日本でおなじみの100グラム表記に直すとUSD43.9/100gということになります。

まあだいたい40円/100gですね。

どんな育て方しているかは知りませんが…

ちなみにお味の方は日本のやつと何ら変わりませんでした。

じゃがいも、玉ねぎ、おばけピーマン(日本のピーマン4個分くらいの大きさ)、なす(前の残り)と40円/100gの豚バラ肉をごま油で炒めて、秘密の粉(李錦記の鶏がら)をささっとふれば、美味しい野菜炒めのできあがり!

Sdsc00988

BOSE

念願のBOSEスピーカーを買いました。

Companion2_gr_lg

一番安いCompanion2というやつですが、たったの99.99ドル(税抜き)でかなりの音質です。

というか、スピーカーの数が違うとかよほどのことがないと区別がつかない程度のレベルなので、Good enoughの世界です。

大好きな葉加瀬太郎を聴きながらディナーをいただく...最高の贅沢ですな!

No In-N-Out, No California

Californiaと言えば、カリフォルニアロール、ワイン、サワードブレッドなどなど、食の話題には事欠きませんが、はっきり言ってしまえばIn-N-Outを食べずしてCaliforniaに行ったとは言えません。

Sdsc00979

In-N-Out Burgerは私のいるIrvineに本社を置き、主にCaliforniaを中心に展開しているハンバーガー屋さんです。

こちらのひとは「いんなんなう」と呼んでいます。

Californiaの人なら誰でも食べたことのある地マクドナルドみたいなもんです。

しかし、味はマックとは比べ物にならないほど美味い!(私見)

ハンバーガーは①Humburger、②Cheese Burger、③Double-Doubleの3種類だけしかありません。

それにポテトとドリンクがあるだけです。

ちなみに私はいつもDouble-Double(写真)です!

Sdsc00981

美味しさの秘密はその場で調理する製法と、素材の美味しさを生かしたシンプルな味付けにあります。

ポテトの入れ物の底には、「このポテトは当店で皮をむいて調理してます」というようなことが書かれています。

どうやらIn-N-Outには隠しメニューがいくつかあるようで、そのひとつ、ポテトにチーズソースがかかったものは「Animal style」と言います。

他の隠しメニューをご存じの方がいたらぜひ教えてください!

In-N-Out Burger

http://www.in-n-out.com/

San Franciscoより近況報告

ただいまSan Franciscoに出張中です。

飛行機が3時間も遅れて疲労困憊です。

久しぶりにネットが繋がったので最近の出来事をダイジェストでお届けします。

 

①引っ越しました

5月8日、こちらでの住処に引っ越しました。

日本にいたときとは比べ物にならないほど広い新築のマンション(condo)です。

プール、ジャグジー、ジム、サウナ、ラウンジ付です。

でも引っ越したばかりで部屋はガラガラです。

ポツンと置かれたエアーベッド(ちゃんとしたやつは買えていない)が哀愁を誘います。

今朝、パンを食べようとしたら、電子レンジの使い方がわからなくてパンの水分が全て飛びました。

San Franciscoから帰ったらトースターを買います。

 

②iphoneを買いました

アメリカ生活にはなくてはならない(?)ということで、iphoneを買いました。

Credit Historyがないので、500ドルもDepositで取られました。

使い方がイマイチ把握できていませんが、とりあえず“もしドラ”(=もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)のアプリを買って読みました。

定価1680円のところ、iphoneのアプリなら800円なのでお得です。

アメリカでの連絡先を知りたいという方がいましたら、何らかの形でご連絡ください。

 

③クレジット利用額がヤバい

こちらに来てからというもの、Credit Historyがないので、とりあえず日本のクレジットカードを使っています。

※注:アメリカではCredit History(借金の返済履歴)がないと新たな借金ができません。Credit Historyがない人は、何をするにもDeposit(保証金)を払わされます。

仕事の費用もプライベートでアレコレ買うのも全てクレジットカードを使っているので、昨日時点でカード利用額が70万円を超えています。

そろそろ会社に緊急送金してもらわねば...

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »