フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« TOP 10 | トップページ | Go Japan! »

さあ、ダービー!

毎年特別な思いを持って迎えるのが日本ダービー。

僕と競馬との最初の出会いは1996年の日本ダービーですから、明日で競馬歴満14年です。

これまで日本ダービーの馬券は7勝4敗ですが、勝っても負けても記憶に残るのがこのレースのすごいところです。

一番思い出に残っているのは2003年のネオユニヴァース。

雨の重馬場で他馬がインコースを嫌って外を通るところ、ぽっかり空いたインを一気に突き抜け見事2冠を達成しました。

表彰式になると雨も上がり、曇り空の隙間から射しこんだ陽の光が一筋の線となりターフを照らし出した光景は今でも目に焼き付いています。

今年は直前にダノンシャンティが骨折で出走を取り消してしまいましたが、好メンバーが揃って楽しみなレースになりました。

遠くカリフォルニアの地から、文明の利器「インターネット投票」を駆使して夢を買いたいと思います。

本命はペルーサ。

青葉賞の余裕を持っての楽勝を評価しました。

その前の若葉Sでは皐月賞2着のヒルノダムールに勝っていますから皐月賞の時点で能力的にはトップレベルでした。

そこから負担のかかる皐月賞を飛ばしたことでさらなる成長を遂げ、皐月賞馬ヴィクトワールピサを超えたとみます。

対抗は皐月賞馬ヴィクトワールピサ。

この馬の強みは、難しい中山2000mの弥生賞、皐月賞をともに内から抜けて快勝しているように競馬上手なところで、たとえ負けても大負けはしないタイプだと思います。

ただ、競馬上手な反面、広い東京でガチンコ勝負して勝てるほどの圧倒的な能力差を感じません。

もちろん能力は世代トップクラスですが、ダービーという夢を託すにはちょっと物足りなく、相手筆頭評価にしました。

他の馬はドングリの背比べで、展開次第で結果は変わると思います。

ただ、レースのレベルだけをとってみれば、皐月賞敗退組が上位を占めた京都新聞杯はイマイチで、一番評価できるのはやはり皐月賞だと思います。

よほど馬場が悪くなりでもしない限り、上位2頭+皐月賞組で決まるのではないかとみています。

僕の買い目はノリの2連覇と藤沢先生の悲願成就に期待して◎ペルーサの単勝で行きたいと思います。

馬場の真ん中を突き抜けろ!

日本ダービーの予想

◎ペルーサ

○ヴィクトワールピサ

△ヒルノダムール

△エイシンフラッシュ

△ルーラーシップ

« TOP 10 | トップページ | Go Japan! »

おすすめ馬(競馬予想)」カテゴリの記事

コメント

ピサの予想完璧ですね。
今後もこのような分析日記期待しております。
非常におもしろい!

>ゆだ

そう言ってくれるのはお前くらいだよ。
あのスローはないわ~。
出遅れてなくても勝ててないわ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290405/34936856

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、ダービー!:

« TOP 10 | トップページ | Go Japan! »