フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年10月

久しぶりに買ってみます!

秋の天皇賞は◎アーネストリー。強くなったよね。

相手は◯ブエナビスタと▲シンゲン。

シンゲンは東京巧者だけど馬場がなぁ...

逆に△キャプテントゥーレはすんなり行ければ面白いと思う。

あと3歳牝馬軽量の△オウケンサクラ。

毎日王冠組は全部消しで!

デジカメ

新しいデジカメを買おうと思っています。
今持っているのはNIKONのD60(デジタル一眼レフ)とSONYのCyber-shot(コンパクトデジカメ)の2台。
しかしCyber-shotは記憶媒体がメモリースティックなのがめんどくさい(我が家のパソコンにはSDのスロットしか搭載していない)のと、電池の消耗が激しく気づいたら電池切れになってるという2点が致命的。
画素数も830万画素しかないし...。
購入した当時(2008年1月)はタッチパネル式の大型液晶とかスマイルシャッター(笑うと自動でシャッターが切れるという優れモノ!)が便利だと思ったんだけどなぁ。
Sdsct70_b

でもってD60(2009年4月購入)はどうかというと、デジタル一眼レフとしては破格のお値段(レンズ込みで5万円台だったと思う)で購入し、先日のNY遠征にも連れて行った現在の我が家のエース。

画質もさすがにCyber-shotとは比べ物にならないくらい綺麗に撮れるので旅行に行く時はいつも持ち歩いています。

S69213quart

ところがこいつは一眼レフなので重い!

本体とレンズで760g(本体495g+レンズ265g)もあるのです。

この前NYに持って行った時も重たかったもんなぁ。

ということで、ここはいっちょ新機種買うっきゃないでしょ!ということになったのです。

購入に際してのポイントは以下の通り。

①軽い(とりあえずD60よりは軽いものを)

②でも綺麗な映像は撮りたい(コンパクトデジカメじゃ物足りない!)

③記憶媒体はSD!(ここは意外と重要です)

このワガママ条件を満たすのは今話題のミラーレスしかない!

現時点ではSONY、Panasonic、OLYMPUSの3社が先行しているようですが、画質が良さそうだということでSONYのNEXシリーズに注目してみました。

スペック表を見るとSONYなのにSDカードが使えるようなので、これはポイント大です!

正直、宮崎あおいちゃんがCMをしているOLYMPUSをプッシュしたい気持ちはあるのですが、いかんせんそこは実利優先ということで。

NEXには3シリーズと5シリーズがあって、それぞれ薄型レンズキット、ズームレンズキット、ダブルレンズキットの3種類があるようです。

画素数はD60の1,020万画素を軽く上回る1,420万画素!

連写もD60が3コマ/秒なのに対し7コマ/秒ということなので何か良さそうなものを感じます。

Snex3k_b

NEX-3K

Snex5k_b

NEX-5K

ちなみに写真はともにズームレンズキットです。

薄型レンズは16mmということで「そんなレンズ初心者の私が使うかなぁ?」というのが正直な気持ちです(D60のレンズだって1番広角で18mmなのに)

というか、なにかSONYの策略のようなものを感じます(装着した感じは薄型レンズのがコンパクトに見えてウケは良さそうなのがまた怪しい)

ここはまずズームレンズだけでよしとしましょう(気に入ったら将来的に望遠を買いたい気持ちはあるよ)

そこで次は3シリーズか5シリーズかというところですが、見たところ5シリーズの撮影機能に関するアドバンテージは「フルハイビジョンの動画が撮れる」ということくらいしかないようです。

そもそも私はデジカメで動画を撮る習慣がないのでこれは無用の長物でしょう。

3と5の価格は本日の価格.com最安値で46,290円と56,960円なのでその差10,670円。

これは決して小さくありませんよ!

じゃあ3シリーズのズームレンズのみ(NEX-3K)で決まりだなと思ったんですが、よくよく見てみたらひとつ重要なポイントを見つけてしまいました。

それは重量。

3Kは総重量491g(本体297g+レンズ194g)なのに対し5Kは総重量423g(本体229g+レンズ194g)とその差68g。

5Kの方が10%以上も軽いのです!

とはいっても3Kでもレンズ込みでD60の本体と同等の重さ(レンズ込みだと269g差、35%軽量)ですから十分軽いのかもしれませんが...こればっかりは実際に持ってみないと何とも言えない。

今週末日本に一時帰国するので電気屋さんに見に行ってみたいと思います!

もし、「あいつ大事なところ評価し忘れてるよ!」というご指摘がありましたら是非ご連絡ください。

NEW YORK

久しぶりに行ってきました、心の故郷NEW YORK。

Dsc_0009_2

The New York Times。

1階にあるDEAN & DELUCAで朝食を食べました。

Dsc_0012

名門コロンビア大学。

アジア(韓国、中国、インド) 人の学生が沢山いました。

国の勢いを感じます。

Dsc_0020

Museum of Modern Art(いわゆるMoMA)で見つけた名画です。

Adolph Gottliebさんの1957年の作品です。

画題は「日の丸弁当」(ウソ)

Dsc_0022

となりの部屋で「日の丸弁当おかず付」(ウソ)を発見しました。

しかし本作は1952年製作。

ということは1952年にあったおかずが1957年にはなくなったということです。

私の推測では、Adolphさんは画材を買うためにだんだん貧乏になっていってお弁当がおかずなしになってしまったのでしょう(ウソ)

Dsc_0019_2

ロックフェラーセンターにも行きました。

せっかくなので一番上(Top of the Rock)にも上ってみました。

Dsc_0053

Lower Manhattanです。

一番高いのがエンパイアステートビルです。

Dsc_0054

反対方向です。

真ん中の森はセントラルパークです。

Dsc_0061

夜になり、タイムズスクエアに行ってみました。

真ん中の目立つ所に東芝が電球の広告を出していました。

さすが世界の東芝です。

Dsc_0063

みんな段々のところに座って広告を眺めていました。

Sdsc_0067

ライオンキングを観ました。

初めてだったので英語でストーリーがわかるか不安でしたが、言葉は関係ありませんでした(←結局英語はよくわかっていなかった)

ブロードウェイのミュージカルは雰囲気が違います。

これはブロードウェイという空間にいるということで自分が高揚しているだけではなく、やはり超一流の演者、スタッフによる舞台だからこそ、言葉、音楽、動き、表情全てにおいて観客に訴えかけるパワーが強いんだと思います。

また、お客さんの反応も日本と違って遠慮せずストレートなので、観客も含めて舞台の雰囲気が作られていきます。

以前観たMAMMA MIA!は日本でも観た大好きなミュージカルですが、ブロードウェイのものは観客の反応が全然違って、一緒になって盛り上がれたのを覚えています。

日本で観るミュージカルもいいですが、やっぱりNEW YORKは一味違うということで特にオススメです。

次はウィキッドが観たい。

SUZUKI式ダイエット Day19~最終兵器登場

先週末最大2キロ減った体重でしたが、まさかのリバウンドを見せ一時は90.6キロまで回復。

絶望の淵から一念発起し、自転車通勤を開始したところ何とか89キロ台まで戻すことに成功しました。

しかし、なかなか劇的に減っていかないので、ここはひとつ最終兵器を投入することにしました。

Sphoto

ゲルマバス~!

端っこの方、見えるでしょうか?

20分の入浴=2時間のエクササイズだそうです。

つまり、40分の入浴=4時間のエクササイズということでしょう!

20回分入ってお値段なんと55ドル!

ちょっと高いけど効果は絶大ですから。

<今日のRYOMA>

体重:89.4キロ

体脂肪率:29.0%(オムロン調べ)

ダイエット活動報告:

①ゴルフ(歩き)

②晩御飯前にキムチ納豆を摂取

ついったーなう

世の中の流行に乗ってTwitterを始めました。

どうやって使うんだろう...

なにを呟いたらいいんだろう。

色々試してみようと思います。

とりあえずRyomaOCで探してみてね。

https://twitter.com/

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »