フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Corona Del Mar | トップページ | 受賞のご報告 »

イエローストーンの主役たち

イエローストーンの主役と言えばやはり動物。

道端(ときには道のど真ん中)ではたくさんの動物を見ることができます。

今日はそんなイエローストーンの動物たちを、ここに行けば出合えるというスポットとともにご紹介します。

 

イエローストーンの動物ベストセレクション

( )内は遭遇確率(りょうま調べ)

 

①バッファロー(99%)

Photo

イエローストーンの主役の中の主役、というかアメリカ国立公園の主役。

なんてったってアメリカの国立公園のロゴになってますから。

イエローストーンの動物たちの中でも一番出合える率が高いので、行きさえすればほぼ見れます。

最大の魅力は人間に全く動じない神経の図太さ。

公園内を車で走っているとしばしばこのようなシーンに遭遇します(りょうま撮影動画)

公園内ならどこでも出没しますが、特にヘイデンバレーとイエローストーンレイクの間が激アツスポットです。

 

②ムース(60%)

Photo_2

ヘラジカ。

出合える率五分五分、でも私は出合えたので60%にしました。

出合えるのはもっぱら水辺です。

従って①出合えても遠い、②出合えても木々の向こう、というシーンが非常に多い!

イエローストーンよりもおとなりのグランドティトン国立公園での遭遇率の方が高いような気がします。

特にグランドティトンの南側にはその名も”ムース”と呼ばれる地域があるので、そこが一番のスポットでしょう。

上の写真もムースで撮影に成功しました。

残念ながら出合えなかった人もがっかりしないで!

前述ムースのビジターセンターに行けば立派なムースの銅像と一緒に記念撮影ができます。

Photo_3

 

③エルク(70%)

Photo_4

大きなシカ。

こちらはもっぱら森の中で出合えます。

出合える率はムースよりやや高いのではないでしょうか。

ちなみにわたしはイエローストーンレイクの南にあるウエストサムとオールドフェイスフルガイザーの間の道で遭遇しました。

イエローストーンの南側(グランドティトンとの境目)は森が多いので狙い目だと思います。

 

④クマ(10%)

これはヤバい。

出合ったら①見たい気持ちと②とりあえず逃げた方がよくね?という気持ちが交錯するハズです。

ハズですと言っている理由は実際に遭遇できなかったから。

いや、正確には遭遇したのですが、コグマでした(しかも一瞬)

ただ、公園内のキャンプ場には「クマ出没注意」の看板が掲げられ、入口ではクマが近づかないように食べ物はクマボックスに入れてね等の注意を受けます(違反したら罰金)

つまり彼らはすぐそばにいるということです。

遭遇できたらラッキーなのかアンラッキーなのかよくわかりませんが、一度は間近で見ていたい一頭です。

 

⑤ビッグホーン(1%)

これはそうそうお目にはかかれないでしょう。

なんでも山の上の方にいるそうなので、とりあえず見れても双眼鏡でということになると思われます。

でもご安心を。

マンモスカントリーにあるビジターセンターに行けば確実に出合えます。

Photo_5

剥製ですが...

 

 

このほかにもイエローストーンにはたくさんの動物たちがいます。

中にはピューマなどぜひ出合いたくない動物もいますが、もし遭遇されましたらぜひ写真を見せてください。

生きて帰ってこれればですが...

« Corona Del Mar | トップページ | 受賞のご報告 »

旅の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290405/43586694

この記事へのトラックバック一覧です: イエローストーンの主役たち:

« Corona Del Mar | トップページ | 受賞のご報告 »