フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

美味!サングリア

ワインを二人で一本空けるのはキビシイので、サングリアを作りました。

Temeculaのお気に入りワイナリーに行ったときに盗んだレシピ。

入れるフルーツはリンゴとレモンとライムを少し。

それぞれ小さく切って瓶に入れあとはワインを注ぐだけ。

1週間ほど寝かせればフルーティな味わいになります。

Dsc05490

グランドキャニオンを行く~圧巻の“南”編~

前回の“北”編に続き今回は“南”編。グランドキャニオン・サウスリムへはLAからだとI15まで行きI15を北上、BarstowでI40に乗り換え東へ進み、アリゾナ州道64号で北へ上がるのが王道ルートです。我が家(オレンジカウンティ)からは休憩時間除いて7時間~8時間くらい。

 

 

サウスリム一番のビューポイントはヤバパイポイント(Yavapai Point)。ご多分にもれずこちらもVisitor Centerの隣にあります。こちらでは日の出の際に渓谷が朝日で照らされる絶景を見ることができます。

 

夜明け前、その瞬間を一目見ようと人々が集まってきました。

冬でもこれだけの人が集まるのですから、ハイシーズンの夏場はこの展望台は人が溢れかえることでしょう。

Dsc05149

 

朝日に照らされるグランドキャニオン。

上の方から徐々に照らされていきます。

Dsc05161

 

朝方はまだまだ太陽の位置が低いので、キャニオンを照らす光と影のコントラストがとても綺麗です。

Dsc05175

 

ちなみにこのヤバパイポイント、夕暮れ時はイマイチです。

西側に大きく張り出した部分があるので、日の光がこの辺りまでしっかり届かないのが原因でしょう。

夕暮れ時のグランドキャニオンが見たいのなら、サウスリムの最西端ハーミッツレスト(Hermits Rest)がいいのではないでしょうか。

 

ちなみにそのハーミッツレストは昼間訪問しました。

Dsc04157

 

ここからの景色はこんな感じです。

こちらは西側が開けているので西日が綺麗に入ってくることでしょう。

Dsc04176

 

サウスリムの東の端にはDesert View(デザートビュー)というポイントがあります。

Visitor Centerからは車で20分くらいでしょうか。

途中いくつかのビューポイントがあるので立ち寄っていくことをオススメします。

 

東側のビューポイントは渓谷の底を流れるコロラド川を比較的近くで見ることができます。

カヌーをやる人にとってはコロラド川の川下りは憧れだそうです。

Dsc05184

 

デザートビューには見張り台があります。

何を見張るためのものかはわかりませんが、上まで無料で上がることができ、ここからの眺めは一見の価値ありです。

Dsc05193

 

一階はお土産物屋さんになっています。

Dsc05196

 

この辺りの先住民族が作った(らしい)お土産ものが並んでいます。

写真はクリスマスツリーに飾るオーナメントです。

Dsc04211

 

二階には先住民族?の壁画もありました。

Dsc05203

 

サウスリムはより広大な渓谷を見ることができます。

ぜひ一度訪れて時間と自然の偉大さを感じてみてはいかがでしょう?

グランドキャニオンを行く~驚愕の“北”編~

長らく更新が滞っておりましたが、またボチボチ書いていきたいと思います。今回のテーマは「みんな大好きグランドキャニオン」としてお馴染みのグランドキャニオン(Grand Canyon)国立公園です。ニッポンジンならグラキャニやろが~!

 

いきなりですが、実はグランドキャニオン国立公園って2つあるのご存知でした?あっ、あなた今「ウソつけ~(-.-)」って思ったでしょ?でもホントなんです。正確に言うと公園は1つなのですが、真ん中に超巨大なキャニオン=渓谷が走り、その南北にサウスリムとノースリムと呼ばれる2つの見学ポイントがあるのです。で、グランドキャニオンというくらいですからその渓谷はとてつもなく大きく、それゆえ北から南、南から北へは直線ルートでは渡れないのです。ちなみに通常グランドキャニオンとしてお馴染みなのは南側ですがモノ好きな我が家は「ノースリムもまた違った趣があってオススメですよ」というつよぽんの情報に従い北も攻略してきましたので今日はノースリムをご紹介します。

 

 

グランドキャニオン・ノースリムへはロサンゼルスからだととりあえずI15まで行き、I15をひたすら北上、ラスベガスも通り過ぎてユタ州に入ってところでユタ州道9号から59号へと入りひたすら道なりに行くと辿り着けます。“ひたすら”という言葉を2度使ったことからもおわかりの通り「遠い」のが最大の難点です。ちなみに我が家(オレンジカウンティ)からは休憩時間除いて8時間~9時間くらいです。ちなみにノースリムは冬は閉鎖されているということですので行ってみたいなぁという方は暖かい時期にお願いします。

 

 

ノースリムの入口を過ぎるとまず目に飛び込んでくるのが焼けた木々。山火事は人間活動と並び国立公園最大の敵ですが、山火事の熱でしかカサが開かない松ぼっくりなどもあり、100%の悪というわけではないようです。

Dsc03742

 

サウスリムにはない、ノースリム最大の見所がGrand Canyon Lodgeからの眺望です。

Grand Canyon LodgeはVisitor Centerの先にある断崖に面したロッジで、石造りの建物はとても重厚感があります。

Dsc03755

 

ランプなどの調度品も趣があります。

Dsc03758

 

中にはレストランもあり、サウスリム側のイケてないレストラン群に比べると非常にオススメです。

Dsc03812

 

このロッジの一番の見所は何と言っても展望台。

ソファに座りながら目の前の大きな窓ガラス越しにグランドキャニオンを見る、最高の贅沢です。

Dsc03805

 

隣にはテラスもあり、ビールを片手に自然の偉大さを感じることができます。

Dsc03762

 

ちなみにロッジの展望台およびテラスは無料です。実際ノースリムに行く際は一番近い町まで数時間かかるため、このロッジかキャンプ場に泊まるのがセオリーですから、この景観もコミコミといったところでしょう。

 

ここだけでなく多くの国立公園に言えることなのですが、その公園のベストスポットは大抵Visitor Cenerのそばにあります。ノースリムもこのロッジからの眺めが一番だと思います。

 

他では穴のあいた断崖から向こうに流れるコロラド川を見ることのできるAngel's Windowがオススメです。

こちらの断崖、細い道を通って上に立つこともできるんですよ!

Dsc03765_2

 

 

入り組んだ渓谷を間近で見ることができるノースリムでグランドキャニオンの違った顔を見るのもいいかもしれません。

Dsc03772

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »