フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Hall of Fame 1 | トップページ | My Old Kentucky Home »

Hall of Fame 2

前回紹介したKentucky Horse Parkには決して見逃すことのできない目玉イベントがあります。それがHall of Champions。今は同園で余生を過ごしている往年の名馬たちがファンの前にお披露目されるという超ビッグなイベントです(競馬ファンにとって)。かくいう私も今回旅の途中にこちらに寄ったのは他でもない、このイベント見たさだったのです。

 

この日まず登場したのはGo for Gin。1994年のケンタッキーダービー馬です。GI勝ちはダービーのみですが、プリークネスでもベルモントでも2着に入りこの年のクラシック戦線の主役でした。さすが頂点をとった馬、ペローンをしながらの余裕の入場です。

Dsc05912

Gofor Gin思い出のレース:1994年ケンタッキーダービー

 

続いて登場したのはFunny Cide。2003年のケンタッキーダービーとプリークネスステークスを制したスーパーホース。ですが彼も若くしてタマをとってしまったために子孫を残すことができず、こちらで悠々自適の生活を送っています。

Dsc05916

Funny Cide思い出のレース:2003年ケンタッキーダービー

 

3番手はDa Hoss。1996年にアメリカの芝マイルトップを決めるブリーダーズカップマイルに優勝したのですが、彼を語るときに外せないのがその2年後1998年の同じくブリーダーズカップマイルの勝利でしょう。なんと先述の96年から丸2年脚の不調のためレースに出ることができず、このレースの直前に一般戦(ただのレース)で2年ぶりに復帰したばかりだったのです。しかもこのレース、彼は直線で一度は抜かれながらも信じられない粘りで再び抜き返すという離れ業をやってのけました。アメリカではそんな彼の偉業を称え"The Greatest Comeback"と呼んでいます。

Dsc05922

Da Hoss思い出のレース:1996 & 1998ブリーダーズカップマイル

 

そしてオオトリを務めたのはCigar。驚異の16連勝、第1回ドバイワールドカップ優勝、そしてマディソンスクエアガーデンでの引退式など、彼の伝説は五指に余る名馬中の名馬です。当時競馬を始めたばかりの私にとってCigarはNHK BSの世界の競馬でしか見ることのできない(当時はインターネットも英語も使えませんでしたので)遠い国のとんでもなく強い馬でした。返す返すも彼の血が後世に伝えられないのは競馬界の大きすぎる損失といえるでしょう。ただ本人(本馬)は至って穏やかに余生を過ごしているようでした。

Dsc05929

Cigar思い出のレース:たくさんありすぎるのでダイジェストで

 

これだけの名馬たちが目の前で姿を見せてくれてお値段たったの16ドル(園内の一般入場券)はお得すぎるでしょう!Hall of Championsは1日に3回も開催されるし。ケンタッキーに行かれる際はぜひ往年の名馬たちの元気な姿を見に行ってみてはいかがでしょう?

 

Kentucky Horse Park

住所:4089 Iron Works Parkway, Lexington, Kentucky 4051

« Hall of Fame 1 | トップページ | My Old Kentucky Home »

世界競馬紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290405/45166068

この記事へのトラックバック一覧です: Hall of Fame 2:

« Hall of Fame 1 | トップページ | My Old Kentucky Home »