フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Hall of Fame 2 | トップページ | Invasor »

My Old Kentucky Home

1996年、初めて競馬と出合った。フサイチコンコルドがダービーで見せた音速の末脚は、僕を競馬の虜にした。

 

1999年、初めての日本ダービー観戦。アドマイヤベガの単勝100円を握りしめながら、ダービーという祭りに酔いしれた。

 

2003年、初めての海外旅行でBreeders' Cupを観戦。世界の頂に触れた気がした。

 

2005年、ディープインパクトの三冠を観戦。競馬を始めて10年目、競走馬の「強さ」の概念が破壊された。

 

そして2012年5月5日。ついにこの日が来た。

 

 

第138回Kentucky Derby

 

 

競馬を始めて16年、ついに夢の舞台Churcihll Downsにたどり着いた。

Dsc05973

空、曇っちゃってるけど...

 

朝8時、一般入場券(40ドル)しか持っていない私は開門ダッシュを決めるべく正門前にスタンバイ。

スタンドでの観戦が叶わないとなると、この「スポーツ界最高の2分間」をどこで過ごすかは非常に重要な問題である。

狙いは王道の内馬場(Infield)かレース前の熱気を間近で味わえるパドックか。

で、まずは内馬場へ。

 

Dsc05976

ここが内馬場で唯一ホームストレッチが見える場所(1コーナー寄り)

 

Dsc05975

ゴールだいぶ向こうだし。全然見えないし。

う~ん、微妙だ...そしてここでレースを迎えるためにはあと10時間、ひたすらここで待ち続けなくてはいけない(レースは午後6時発走)

 

 

 

これは、ないな(即決)

 

 

続いてパドックへ。

174

おお、近い!これならKentucky Derbyを感じることができそうだ。

 

Dsc05981

Churchill Downs名物Twin Spiresもばっちり見えるし♪

 

ただここに10時間張り付いているのもシンドイので建物の中のベンチに陣取りひたすら待ち続けること7時間。

Daily Racing Formを穴が開くほど隅から隅まで読みこんだり、隣に座っていたFlorida在住のJeffと競馬談議に花を咲かせたりしながら時が過ぎるのを待ちました。

生憎(?)昼前から快晴になったので、炎天下で待ち続けた人たちは熱中症になってました...

 

予想も固めて馬券購入の列に並びます。

170

かなり混んでる。

Churchill Downsは今時珍しく窓口での口頭購入しかありません。

その上ダービーデーには普段競馬をやらない人たちもわんさか押し寄せますので馬券はかなり早めに仕込んでおく必要があります。

 

そして午後3時、満を持してパドックへと繰り出します...とその前に。

 

172

Mint Julep!

やはりKentucky Derby来たら飲んどかないと。

Cheers!

 

準備も整ったし、あとはパドックでどこまでいいポジションをキープできるかの勝負です。

 

Dsc05995_2 

Oh, No!結構遠い...でもまだ本番まで3時間、間に2レースあるので我慢弱いアメリカ人は日陰に下がったり馬券を買いに行ったりして徐々にいいポジションをとれるはず。

ということで待つこと2時間余り、最終的には2列目の好ポジションをゲット。

 

Dsc06006

私の本命、Gemologist。

頼むで~!

 

Dsc06007

どうですか、この観衆。

歴代最多の16万人が田舎の小さな競馬場に集まりました。

 

この後、20頭の優駿たちは伝統の「My Old Kentucky Home」の大合唱により本馬場へと導かれて行きました。

ぜひ見てみたかった...

 

レースはパドックにある小さめのビジョンで観戦。

ちゃんと見えるようにオペラグラスを持っていったのですが、ビジョンの目が粗すぎて逆にみえにくい始末。

 

ただパドックもものすごい歓声(と怒号)が沸き起こり、多少なりともダービーを感じることができました。

 

馬券も押さえの馬単1ドルがヒット!

アメリカで初めて万馬券を当てることができました。

233

 

 

初めてのKentuck Derbyは生で観戦することはできませんでしたが、その華やかさと人々の熱気は、私が世界最高のレースと思う日本ダービーに勝るとも劣らない素晴らしいものでした。

いつかこの場所に戻ってきて、今度はこの目で「スポーツ界最高の2分間」を見てみたいと思います。

Dsc06012

« Hall of Fame 2 | トップページ | Invasor »

世界競馬紀行」カテゴリの記事

コメント

うとさん、ここケンタッキーですか?!!!
私、9月から2ヶ月くらいケンタッキー州でインターンすることになりそうなのです。:) 田舎でしたか? 競馬教えてください!:)

さっちゃん

ケンタッキーのどの辺?Louisvilleはそこそこ都会だと思うけど、あとは小さな町と牧場が延々と..って感じだよ。さっちゃんもよく知ってるアメリカによくある田舎町だね。

競馬は、さっちゃんが居る間は10/5‐27にKeenlandで開催されているみたい。ケンタッキーは日本の北海道みたいなサラブレッドのメッカだから牧場なんかもちょっと行ってみたらいい社会見学になるかもよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290405/45436758

この記事へのトラックバック一覧です: My Old Kentucky Home:

« Hall of Fame 2 | トップページ | Invasor »