フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« My Old Kentucky Home | トップページ | Kentucky Derby Museum »

Invasor

ケンタッキー夢の旅編も間が大分空いてしまいましたが、ここからあと2回、一気に駆け抜けたいと思います。

 

夢の舞台Kentucky Derby翌日はケンタッキー旅行もう一つのお楽しみ、名馬Invasorに会ってきました。

Invasor(インヴァソール)はアルゼンチン出身のウルグアイ育ち。ウルグアイで無敵を誇り、かの国で三冠を制した後ドバイの王族一家の二男が所有するアメリカの牧場Shadwell Stableにトレードされました。トレード直後のレースこそ負けはしたものの、その後は連戦連勝。砂の最強馬を決めるブリーダーズカップクラシック(米国)およびドバイワールドカップ(ドバイ)を両方制して最強馬へと上り詰めた名馬中の名馬です。引退後はケンタッキー州レキシントンのShadwell Farmにて種牡馬生活を送っています。出身国のアルゼンチンや三冠を制したウルグアイではまさに英雄で、事前に友達のウルグアイ人3人にヒアリングしたところ3人ともInvasorのことを知っていましたし、この日も遠くアルゼンチンからファンが会いに来ていました。

 

面会にあたっては他の牧場を訪問するのと同じように事前のアポイントメントをとりました。アメリカの牧場は事前にアポイントを取っておけば大抵お目当ての馬に面会させてくれます(牡馬だけです。牝馬はどこもNG)。今回はInvasorがいるNASHWAN STUDの責任者にメールで見学したい旨を伝えたところすぐに返事をいただき、見学も快諾していただきました。

 

当日は約束の時間に現地に行くだけ。車がないと牧場巡りは難しいです。あと牧場周辺は道が狭いのでスピードの出しすぎには要注意です。

 

これが入り口。

Dsc06053

 

ゲートは自動で開きます。由緒正しき香りが漂います。

Dsc06055

 

突き当たりにある建物がオフィスです。横に車を止めて入って行きました。

Dsc06047

 

出迎えてくれたのはStallion ManagerのKent Barnesさん。この日は僕のほかに2組が来ることになっているということでしたが、僕だけ早く着いたので一足先にInvasorに面会させてくれました!

 

僕だけのために厩舎からInvasorを出してきて下さり撮影タイム。これが現役時代数々の栄光を手にし、生涯獲得賞金$7.8millionのスーパースターです。まあ言うなればゴルフ界のタイガーウッズ、サッカー界のメッシ、野球界のジーター辺りが自分のためだけに時間をとって面会してくれるようなものです。

Dsc06031

 

どうですか、この凛々しい顔。

Dsc06033

 

せっかくなので一緒に撮らせてもらいました。これは超貴重なショット。ちょっと緊張しております。さりげなく肩にも触らせてもらいましたが、現役を退いて5年も経つにも関わらず、とてもしなやかな筋肉でした。

Dsc06017

 

厩舎に戻るInvasor。去りゆく姿も絵になります。

Dsc06020

 

この後もJazilやAlbertus Maximusなど名馬を次々と披露していただきました。繰り返しますが僕だけのためにね。競馬ファンとして至福の瞬間でした。

 

さらには施設の中も案内していただきました。これは日程表。一日MAX3回のようです。この日はお休みでした(日曜日だったので)

Dsc06045

 

日程表の前はこんな感じ。牝馬の待機場所です。ここで気持ちを高めていただくようです。人生で初めて牧場の中を案内してもらいましたが、サラブレッドは自然交配のみ可(人工授精はダメ)ですので、交配をスムーズに執り行うべく色々なツールがありました。

Dsc06044

 

別れ際、訪問の思い出にとKentさんがInvasorのキャップをくれました。おそらくは関係者にだけ配られたまったくの非売品。激レアアイテムです。さらには種牡馬たちの綺麗なパンフレットまでいただき感謝感謝の連続でした。もし将来ここを再訪することがあれば、何かお土産を持参したいと思います。

 

今回は旅程の都合上牧場見学が日曜日になってしまったこともあり見学はShadwell Farmだけでしたが、平日であれば他にも世界的に有名な牧場を回ることができます。ケンタッキー州に行く機会のある方はぜひ足を運んで、世界トップクラスの名馬たちに会ってみてはいかがでしょうか?

Dsc06068

« My Old Kentucky Home | トップページ | Kentucky Derby Museum »

世界競馬紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290405/46129164

この記事へのトラックバック一覧です: Invasor:

« My Old Kentucky Home | トップページ | Kentucky Derby Museum »