フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夜のGetty | トップページ | 天国の谷 »

WITH ONE WISH

葉加瀬太郎ファンの皆様、お待たせしました!

葉加瀬の最新アルバムWITH ONE WISHが11月7日にリリースされましたね~♪

アメリカ暮らしの私は、感謝祭Weekに遊びに来た後輩にこの出来立てホヤホヤの最新アルバムを持ってこさせて以来、毎日お耳に馴染ませております。

91ztfnvjorl__aa1500__3 

 

 

昨年はベスト版の発売でお茶を濁していた(←失礼)だけにこの新作にかかる期待はハンパないものがありましたが、そんな私の気持ちを察してか、やってくれました!

あの鳥山雄司氏をプロデューサーに迎えるとは!!!

正直、葉加瀬太郎と鳥山雄司という二人の天才が同じ時代を生きているというだけでもありがたい話なのに、この二人がコラボですよ!!!!!

盆と正月が一緒に来るとはまさにこのことです。

 

ちなみにこの稀代の天才によるコラボレーションは本作で3回目なのですが、過去の作品は『Traveling Notes』と『What a Day...』。

『Traveling Notes』と言えば「大地のうた」「Loving Life」「Another Sky」など珠玉の名曲が散りばめられた葉加瀬史上最高傑作とも言えるアルバムですし、『What a Day...』は私が葉加瀬ファンになるきっかけとなった思い出深いアルバムですから、3作目のコラボとなるこのWITH ONE WISHも、そりゃあ大きな期待を持っていたわけです。

で、結果は...

 

 

 

やっぱええわ~♪♪♪

葉加瀬の美しいメロディラインに鳥山雄司の壮大さが加わり、期待通りの名曲連発です。

今日はそのなかでも選りすぐりの3曲を紹介させて下さい。

(例によって順不同です)

 

①WITH ONE WISH

アルバムと同名の今作のタイトルソング。

一度耳にしただけで、鳥山雄司キターっとなるほど鳥山サウンドが出ています。

バックのオーケストラがとても壮大で鳥肌が立ちます。

この曲は日医工のために作られた曲なのですが、正直日医工うらやましすぎます。

うちの会社も葉加瀬にテーマソング作ってもらえばいいのになぁ...

 

②Back to our home

アルバムの本人解説によればこの曲は鳥山雄司からのプレゼント曲のようですが、とてもいい曲です。

故郷に向かう汽車の中、久々に会う家族や友人の顔が思い浮かび期待でワクワクしてくる、そんな曲です。

 

③ZERO HOUR

一聴して葉加瀬の曲っぽくないのですが、それは本人も認めておられます。

2年前にリリースした『EMOTIONISM』で作った「Mission Complete」のような疾走感あふれる曲を再び作りたいという事で生まれたのがこの曲だそうです。

改めて聴いてなるほど、プロレスの入場曲のようなカッコよさを持った名曲です。

バイオリンでこんなサウンドが作れるんだという新発見の曲と言えるでしょう。

 

 

毎年冬は葉加瀬のコンサートに行くのを楽しみにしていた私ですが、昨年に続き今年も参加できそうにありません。

日本に帰ったらぜひまた会場でのLIVE演奏&トークを楽しみたいと思います。

« 夜のGetty | トップページ | 天国の谷 »

おすすめMusic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290405/48024944

この記事へのトラックバック一覧です: WITH ONE WISH:

« 夜のGetty | トップページ | 天国の谷 »