フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

おすすめアイテム

ステーキ焼き器

本日ご紹介するのはGeorge ForemanのHealty Cooking。

肉やら魚やらが焼けます。

Dsc06180

 

どうです、この一見ワッフルメーカーのようなパニーニメーカーのようなフォルム。

コンセントさして温まってきた頃合いを見計らったら、あとはこいつに肉を挟む。

Dsc06181

 

レアなら4~5分、ミディアムなら6~7分、ウェルダンなら8分待つだけ。

Dsc06182

 

どや、この見事な焼き色。

Dsc06183

これでお値段たったの24ドル→ココ

恐るべき、USA。恐るべき、ジョージ・フォアマン。

美味しいパエリャの秘訣

ついにパエリャを作りました!

 

大学時代はスペインの美術を学び、ガウディとバルセロナをこよなく愛し、スペイン語もウンポコ(un poco)話せて、東京でも大阪でも行きつけのスペインレストランがあるほどのスペイン料理好きな私ですが、パエリャ作りは初挑戦。

というのも、家で作るパエリャってなんかご飯ぐちゃってなって「思ってたんとちがうっ!」ってなってる人多いよね?という印象だったので...

でもそんな私にスペイン人の友達(まてぃあす君)が美味しいパエリャを作る秘訣を教えてくれたのです。

 

 

~以下、回想~

まてぃあす「Romeo(←私の事)、パエリャ作ったことあるか?」

Romeo「ないよ。オレは食べる専門だから。でもめっちゃ好き」

まてぃあす「パエリャって家で作るとライスがべちゃーってなっちゃうだろ?」

Romeo「そうなのよ!アレ何で??」

まてぃあす「コメが違うんだよ。パエリャライスを使うんだ」

Romeo「パエリャライス??」

まてぃあす「Whole Foods Marketに行けば売ってるよ。ちょっと高いけど絶対オススメだぜ!」

Romeo「マジか~!知らんかった。今度やってみるわ!」

 

 

買ってきました、2日後に!

バレンシア産パエリャライス!

袋もオシャレだ!

Paella2

 

 

んでもって、早速作ってみました。

できました、本当に!

Paella1

まてぃあす、グラシアス!

本格派ビーフカレー

日本出張から帰って来たチームのメンバーからお土産をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc03254

!?

アパ社長カレー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc03255

しかも5個も!!

本格派ビーフカレーだそうです。

本格「派」って何なんでしょうか?

 

 

 

 

 

Dsc03261

食べてみました。

本格「派」だけあってビーフはやや少なめでしたが、味はこだわりが感じられました。

世間でも大人気のようです(APA公式ホームページから

「発売開始から1ヶ月間で年間目標をスピード達成し、3ヶ月間で7万食を突破!」

恐るべし、アパ社長カレー。恐るべし、アパ社長。

Crate & Barrel

先週末はアメリカのお友達から結婚祝いに頂いたGift Cardで食器や身の回りの便利グッズを買いにCrate & Barrelへ行きました。

Crate & Barrelは言うなればアメリカのFrancfrancみたいなもので、家具やら食器やら布団カバーやら、オシャレなアイテムが揃うお店なのです。

シンプルだけど中間色を使うなど色使いがとてもおしゃれなので私はとても気にいっています。

いつも家から車で10分ぐらいのところにあるSouth Coast Plaza店に行きます。

※South Coast Plazaとは、Orange CountyのCosta Mesaにある全米屈指の大きさを誇るショッピングモールです。

South Coast Plaza店は1階が食器などの小物コーナーで、2階がソファやベッドなどの家具コーナーとなっています。

食器などはそれほど高くないのですが、家具系はとても高い!

私には到底手が出ないような値段のものが並んでいます。

(でもモノはとても良さそうです)

今回はおとなしく1階のお手軽コーナーで、大きめのスープ皿、スープボウル、オシャレ小皿、オーブン用耐熱皿、お菓子作りセット、まな板、ランチョンマット、シャンプー入れを買いました。

お友達のBenさん & Neilさん、ありがとう!

Sdsc00267

お店は全米中にあるので、皆さんもアメリカにお立ち寄りの際はぜひのぞいてみてください。

ブタの貯金箱

みんなのあこがれ、ブタの貯金箱を買いました!pig

Sdsc00273

おなかのところには"COLLEGE FUND"と書いてあります。

大事に育てていきたいと思います。

デジカメ

新しいデジカメを買おうと思っています。
今持っているのはNIKONのD60(デジタル一眼レフ)とSONYのCyber-shot(コンパクトデジカメ)の2台。
しかしCyber-shotは記憶媒体がメモリースティックなのがめんどくさい(我が家のパソコンにはSDのスロットしか搭載していない)のと、電池の消耗が激しく気づいたら電池切れになってるという2点が致命的。
画素数も830万画素しかないし...。
購入した当時(2008年1月)はタッチパネル式の大型液晶とかスマイルシャッター(笑うと自動でシャッターが切れるという優れモノ!)が便利だと思ったんだけどなぁ。
Sdsct70_b

でもってD60(2009年4月購入)はどうかというと、デジタル一眼レフとしては破格のお値段(レンズ込みで5万円台だったと思う)で購入し、先日のNY遠征にも連れて行った現在の我が家のエース。

画質もさすがにCyber-shotとは比べ物にならないくらい綺麗に撮れるので旅行に行く時はいつも持ち歩いています。

S69213quart

ところがこいつは一眼レフなので重い!

本体とレンズで760g(本体495g+レンズ265g)もあるのです。

この前NYに持って行った時も重たかったもんなぁ。

ということで、ここはいっちょ新機種買うっきゃないでしょ!ということになったのです。

購入に際してのポイントは以下の通り。

①軽い(とりあえずD60よりは軽いものを)

②でも綺麗な映像は撮りたい(コンパクトデジカメじゃ物足りない!)

③記憶媒体はSD!(ここは意外と重要です)

このワガママ条件を満たすのは今話題のミラーレスしかない!

現時点ではSONY、Panasonic、OLYMPUSの3社が先行しているようですが、画質が良さそうだということでSONYのNEXシリーズに注目してみました。

スペック表を見るとSONYなのにSDカードが使えるようなので、これはポイント大です!

正直、宮崎あおいちゃんがCMをしているOLYMPUSをプッシュしたい気持ちはあるのですが、いかんせんそこは実利優先ということで。

NEXには3シリーズと5シリーズがあって、それぞれ薄型レンズキット、ズームレンズキット、ダブルレンズキットの3種類があるようです。

画素数はD60の1,020万画素を軽く上回る1,420万画素!

連写もD60が3コマ/秒なのに対し7コマ/秒ということなので何か良さそうなものを感じます。

Snex3k_b

NEX-3K

Snex5k_b

NEX-5K

ちなみに写真はともにズームレンズキットです。

薄型レンズは16mmということで「そんなレンズ初心者の私が使うかなぁ?」というのが正直な気持ちです(D60のレンズだって1番広角で18mmなのに)

というか、なにかSONYの策略のようなものを感じます(装着した感じは薄型レンズのがコンパクトに見えてウケは良さそうなのがまた怪しい)

ここはまずズームレンズだけでよしとしましょう(気に入ったら将来的に望遠を買いたい気持ちはあるよ)

そこで次は3シリーズか5シリーズかというところですが、見たところ5シリーズの撮影機能に関するアドバンテージは「フルハイビジョンの動画が撮れる」ということくらいしかないようです。

そもそも私はデジカメで動画を撮る習慣がないのでこれは無用の長物でしょう。

3と5の価格は本日の価格.com最安値で46,290円と56,960円なのでその差10,670円。

これは決して小さくありませんよ!

じゃあ3シリーズのズームレンズのみ(NEX-3K)で決まりだなと思ったんですが、よくよく見てみたらひとつ重要なポイントを見つけてしまいました。

それは重量。

3Kは総重量491g(本体297g+レンズ194g)なのに対し5Kは総重量423g(本体229g+レンズ194g)とその差68g。

5Kの方が10%以上も軽いのです!

とはいっても3Kでもレンズ込みでD60の本体と同等の重さ(レンズ込みだと269g差、35%軽量)ですから十分軽いのかもしれませんが...こればっかりは実際に持ってみないと何とも言えない。

今週末日本に一時帰国するので電気屋さんに見に行ってみたいと思います!

もし、「あいつ大事なところ評価し忘れてるよ!」というご指摘がありましたら是非ご連絡ください。

BOSE

念願のBOSEスピーカーを買いました。

Companion2_gr_lg

一番安いCompanion2というやつですが、たったの99.99ドル(税抜き)でかなりの音質です。

というか、スピーカーの数が違うとかよほどのことがないと区別がつかない程度のレベルなので、Good enoughの世界です。

大好きな葉加瀬太郎を聴きながらディナーをいただく...最高の贅沢ですな!