フォト

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

世界の銘酒

CALERA Chardonnay

CALERAはカリフォルニアワインの聖地・ナパバレーではなく、セントラルコースト(サンフランシスコから南に1時間くらい下りたところ)にあります。(行ったことないけど)

こちらのワイナリー、なんでも「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれているとか。

それだけでなんだか期待してしまいます!

 

我が家は妻が白派なので、最近は白を重点的に攻めている次第で、CALERAはChardonnayもたいそう有名だそうなのでMt. Harlan 2010をいただいてみました。

ちなみにアメリカでのお値段は20ドル台前半くらいです。

Img_0583

うっかりグラスに注いだ後の写真を撮り忘れてしまったのですが色は見事な濃い黄金色で、見ているだけで満足できます。

味はこれまでに飲んだ何本かのCalifornia産Chardonnayの中では甘口過ぎず、辛口過ぎず、私にはちょうどいい感じでした(←適当)

 

CaliforniaのChardonnayは一般的に甘口だといわれているそうです。

正直私もよく知らんのですが、Californiaの方がフランスよりも気温が高いのでブドウがよく熟すとか...

まあフランスのChardonnayを飲んだことがないので私には比べようもないのですが、何せ美味しいので一度ご賞味ください。

Pine Ridge

世界の銘酒、第2弾は地元のカリフォルニアワインから「Pine Ridge」を紹介します。

Pine_ridge

カリフォルニアと言えばワイン、ワインと言えばNapa Valley!

今回紹介するPine RidgeはNapa Valleyにあるカベルネ・ソーヴィニヨンが有名なWineryだそうで、Wineryの名を冠したこのワインももちろんカベルネ・ソーヴィニヨンでできています。

オススメは2006年産。

2006年はカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンが大当たりだった年だそうで、レストランやワインショップに行ったらとりあえず「Napa Valley, Cabernet Sauvignon, 2006」いっときゃ間違いないでしょう。

 

お値段はこちらで買うと60ドルくらい。

お客様が来たときに出したい一本です。

飲む前にデキャンタに移してしばらく置くのが通の嗜みというものです。

酔ふよう

世界の銘酒を紹介する新コーナー、『世界の銘酒』へようこそ。

記念すべき第1回は本格芋焼酎「酔ふよう」を紹介します。

Simg_2761_2

鹿児島県屋久島にある名門・三岳酒造の逸品。

三岳酒造といえばその名を冠した「三岳」が有名ですが、この「酔ふよう」は「三岳」よりも美味しいと評価する人もいるそうです(業者談)

今回はロックでいただきました。

香りはまさに“芋”という感じで、いわゆる芋臭さを好む方にはとてもオススメです。

一度口に含めば、焼き芋の香りが口の中に広がります。

少し氷に溶かすととても飲みやすくなりますので、ぜひロックでお試しください。